Pocket

1張り手(東京都) [CN]2019/07/15(月) 19:10:17.20ID:bb72CK900?PLT(13121)
 9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、試合会場となる神戸市が商店街など約240団体に
関連イベントの経費支援を呼びかけながら、支援の申請や打診が2件にとどまっていることが分かった。
関西でもう一つの会場となる大阪府東大阪市も同様の支援事業を実施しているが、対象の60団体から20件の打診や申請があるといい、
街の熱気の差が浮き彫りになっている。(木下未希)

 ■盛り上がり欠け

 「一生に一度のビックイベントなのに…」。神戸市長田区の長田神社前商店街の理事長、吉岡利明さん(50)は声を落とす。
隣の兵庫区にある市御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)でのW杯開催を機に、同商店街は周辺にポスターを掲示。
8月には親子向けにラグビーボールを使ったミニゲームを企画し、市に経費支援の申請を打診した。

 しかし、同商店街以外に市に打診し実際に申請したのは、すでに七夕イベントを開催した中央区の商業団体のみ。
吉岡さんは「他の商店街と連携するような動きはなかった。全体的に盛り上がりに欠ける」と話す。

 神戸市の経費支援事業はW杯に合わせ、ラグビー関連イベントや英語案内板の掲示などを実施する団体に対し、
上限15万円で事業費の半額を市が補助する仕組みだ。ただ、市は2月に約240団体を対象に制度説明会を実施したが、
反応はほとんどなかった。申請はイベント準備を始める2週間前が目途で、市の担当者は「夏祭りに合わせ、
申請団体が増えることを期待したい」と話している。

 ■商店街競い合い

 一方、東大阪市では、関連イベント経費を上限15万円(連合の場合は上限70万円)まで補助する事業を60団体に
呼びかけたところ、20件の打診を受けた。そのうち9団体がすでに申請を済ませた。

 申請した小阪商店連合会では夏祭りに合わせ、地元チーム「近鉄ライナーズ」選手のトークショーや、ラグビーのミニゲームを企画。
スタッフ用に「ラグビーのまち 東大阪」とプリントしたTシャツも200枚発注し、来場者にはうちわも無料配布する予定だ。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000503-san-spo

43シューティングスタープレス(大阪府) [ニダ]2019/07/15(月) 20:50:21.10ID:TIffh3ci0

あれは大阪ですら花園限定のローカルイベントと認識されている

116バズソーキック(東京都) [JP]2019/07/16(火) 01:15:03.65ID:FNoi14KH0

ラグビーの面白さを知りたい
どの瞬間が面白いのか