Pocket

1チェーン攻撃(東京都) [US]2019/07/18(木) 17:24:51.92ID:TABPrikZ0?PLT(12000)
国内の半導体企業が日本の輸出規制で輸入に支障が生じた項目を中心に、代替材を探し出している中、
政府が規制品目に対する割当関税カードを事前検討している。
割当関税は、輸入品の関税を最大40%まで免除するもので、国内企業が代替材を確保する輸入を促進する効果がある。
18日、企画財政部の関係者は、「日本の輸出規制品目に対する割当関税適用の要求が入ってくれば、積極的に検討する」と明らかにした。
現在、日本政府が対韓輸出規制した品目は、半導体・ディスプレイの生産に使われる高純度フッ化水素(エッチングガス)と
フッ素ポリイミド、フォトレジストなどの3つだ。この項目は、韓国企業の対日輸入依存度がそれぞれ44%、94%、92%に達している。
それだけ代替材を見つけることが難しいということだが、最近、サムスン電子とSKハイニックスが比較的依存度が低い
高純度フッ化水素を中心に、中国や台湾メーカー、国内メーカーなどの製品テストを進行し、代替材確保への期待が高まっている。
もし、日本製品を代替するだけの品質を確保することができた場合、足元の火を消すことができるからである。

状況を見守る政府は、日本の輸出規制品目に対する割当関税カードを今後の半導体企業支援対策の一つとして検討している。
割当関税は、政府が定めた特定の輸入品に対して最大40%の関税を一時的に減免する制度だ。
関税法によると、割当関税は、「円滑な材料需給や特定の物品の輸入促進が必要な場合」
「特定の物品の国内価格の安定が必要な場合」「類似の物品間の税率が不均衡を起こした場合」などに適用することができる。
割当関税を適用すると、税率が40%である製品も関税が免除されるため、事実上、海外から取り寄せる3品目の関税は、「ゼロ」になる。
昨年基準、日本や台湾などの国から輸入される高純度フッ化水素、フッ素ポリイミド、フォトレジストの
3品目に適用される関税率はそれぞれ5.5%、6.5%、1.6%である。
ただ、政府は、規制品目に割当関税を直ちに適用するにはまだ早いという立場だ。
確実な代替材を確保したという仮定の下で、日本政府が輸出規制を強化した場合、その品目の割当関税を適用し、
関税を賦課しない案を積極的に検討するというものである。

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55594257.html

30フェイスクラッシャー(東京都) [US]2019/07/18(木) 17:42:50.78ID:Ht5yLfkW0

お笑い韓国

36キドクラッチ(ジパング) [US]2019/07/18(木) 18:27:21.92ID:Td3EAgzU0

あくしろや!
口だけかよ?