ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1みつを ★2019/07/18(木) 02:35:28.97ID:EKqphjN29 https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-48946420

「服を洗わないで」 ステラ・マッカートニーさんの主張は正しいのか48946420
2019年07月17日

アシタ・ナゲシュ、BBCニュース

「経験から言えば、基本的には、特に洗う必要のないものは洗わなくていい」
人気ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーさんは7日、英日曜紙オブザーバーに掲載されたインタビューでこのように述べた。これは、マッカートニーさんがロンドンのサヴィル・ロウの仕立て専門店で働いていたときに気づいたことだという。そこで得た「ルール」は、「汚れは乾かしてブラシで落とす」だった。

インタビュー最後のさりげない一言だったかもしれないが、読者はこの発言に注目した。その多くが、毎週何度も洗濯をしている人々だった。
では、マッカートニーさんの発言は的を射ているのだろうか? 服は洗わない方がいい?

合成繊維が環境を壊す

マッカートニーさんが服を洗わないようにと勧めるのは、これが初めてではない。実際、マッカートニーさんはずっと前から、洗濯機を使わないよう呼びかけている。衣服の寿命のためでもあるが、環境への影響を懸念してのことでもある。

環境保護団体プラスチック・スープ基金のラウラ・ディアス・サンチェスさんもマッカートニーさんに賛成する。特にポリエステルやアクリルといった合成素材を多く使っている大量生産の服ほど、環境への影響が大きいという。
「服を洗濯するたび、平均9億個ものマイクロファイバー(合成繊維)が外に流れ出す」と、ディアスさんはBBCに説明した。

「服の作られ方や洗い方も関係しているが、洗濯すればするほどたくさんのマイクロファイバーが流出する」
ディアスさんによると、洗濯する時は水温を低く設定し、液体洗剤を使うのが良いという。
「粉状の洗剤は(洗濯中に)服同士の摩擦を増やし、より多くの繊維が流れ出てしまう。一般的には摩擦が少ないほど繊維の流出も少なくなる」
また、同じ理由から、一度に洗う服の量は少ない方が良いと指摘した。
(リンク先に続きあり)

ステラ・マッカートニー氏は長い間、洗濯機の使用を避けるよう呼びかけている
https://ichef.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/135FF/production/_107795397_gettyimages-1155966401.jpg

5目潰し(宮城県) [US]2019/07/19(金) 12:27:20.40ID:s9Q+lUPQ0

気象予報士を目指す話か?

81名無しさん@1周年2019/07/18(木) 03:54:38.40ID:sBYBtutf0>>66

化学繊維の全否定か、発生し水に溶けたマイクロプラスチックを選別収集できる技術があれば解決に近づける訳だな