ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1ストマッククロー(愛媛県) [US]2019/07/20(土) 20:13:56.18ID:EVVJteHK0?PLT(12000)
「与党は好きじゃない。野党は…」
 15日夕、東京・JR吉祥寺駅前。立憲民主党の新人候補がマイクを握り、「当たり前の政治を取り戻したい」などと訴えていた。
70人ほどの聴衆は真剣に耳を傾けていたが、商店街を歩く人たちの大半は足を止めることなく、素通りした。
「熱心な支持者が盛り上がっているだけ、という感じがする。与党は好きじゃないけど、今の野党に世の中を変える力があるとは思えないよね」。
離れた場所から演説をながめていた東京都武蔵野市の無職男性(70)はつぶやく。

 毎日新聞が6月15、16両日に行った世論調査では「支持政党なし」は44%を占める。
自民党の政党支持率29%に対し、立憲民主党や共産党など各野党の支持率は軒並み10%未満。
勢力を拡大するには、無党派層を取り込むことが欠かせない。

野党に危機感「侵食されている」

 ところが今回の参院選では、無党派層の一部が既存の野党ではなく、「れいわ新選組」や「NHKから国民を守る党」などの諸派に流れつつあり、野党各党とも神経をとがらせる。

 立憲幹部は「特に東京では相当、れいわに侵食されている」と危機感を募らせる。
実際、この幹部の支持者の中にも「申し訳ないけど、今回はれいわを応援したい」と断ってきたケースがあるという。
別の立憲関係者も「日本維新の会、共産党、社民党などほかの野党の票も奪っている」と分析している。

 共産党候補の陣営責任者は「有権者の中では、民主党政権が行き詰まったことへの印象が非常に強い。
当時、政権に入っていなかった私たちでさえ野党だというだけで『政権を任せるのはちょっと……』と思われている」とため息をつく。
こうした見方は与党も共通しており、自民党幹部は「支持層が安定している与党よりも、野党の票が相当、れいわなどに流れている」とみる。

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190720/k00/00m/010/074000c

27ストマッククロー(愛知県) [JP]2019/07/20(土) 20:37:36.05ID:9Gb8GtFH0

そもそも角栄系譜の劣化版の劣化版のそのまた劣化版が
山本太郎だが・・チャイナ金脈オザーが力の源泉
これがなければただの泡沫

17スターダストプレス(家) [SE]2019/07/20(土) 20:29:23.91ID:kdG0JklS0

今秋葉原にいるしばき隊連中も実は自民党員なんだぜ!