ファンもりだくさんなおすすめサービス
結婚までは至らなかったがハゲ丸君でも数度!出会えた神アプリ!入れるだけでも!いれれるよよ

1アイアンクロー(東京都) [CN]2019/07/21(日) 16:06:39.76ID:4wMmEVzd0?PLT(13121)
 2024年のオリンピック・パラリンピック開催地であるフランス・パリからパリ地方圏議会議長のヴァレリー・ペクレス氏を団長とする経済・観光ミッションが来日し、
18日夕刻に東京駐日フランス大使公邸でレセプションとメディア向けの会見を開催した。

 二度目の来日となるペクレス氏は、今回の来日の目的について、準備が最終段階を迎えた東京オリンピック・パラリンピックの視察のほか、
観光客のさらなる誘致とパリ地方圏への日本企業誘致と説明。オリンピックと同様に次の開催地がフランスとなるラグビーワールドカップと併せ、
日仏間で一層さまざまな協力ができると期待感を表明した。

 観光については、2018年の日本人訪問者数は約45万5000人と前年比23%増、消費額ベースで13%増と好調に推移しているといい、
ペクレス氏は今後について「一層日本人をはじめとする外国人の受入体制を充実させたい」と強調。
具体例として、空港やディズニーランドなど9ヶ所に観光情報を提供する拠点を設けたり、1500人の学生を中心としたボランティアが
パリ周辺75ヶ所で外国人に対応したりといった取り組みを進めているという。

 またペクレス氏は、バスツアーや公共交通乗車券、セーヌ川クルージング、ミュージアムパスの4つがセットになった「パリ・リージョン・パス」や、
「ルイ・ヴィトン美術館」をはじめとする新しい美術館が次々とオープンしていることなども紹介した。

 一方、課題と捉える若年層の誘致については、ライフスタイル、ロマンチズム、ナイトライフという3つのキーワードを紹介。
若年層に人気のインフルエンサーを招待して、パリのライフスタイルや古城でのロマンチックなパーティー、宿泊体験を紹介してもらうなど、
若い人々が関心を持つ施策を検討していると説明。ナイトライフについても、多彩なコンサートなどのほか月一度実施している
美術館の深夜営業やメトロの終夜運転を通じて、普段とは違ったパリの姿を多くの若い人に体験してほしいとした。

全文
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=85997

283中年'sリフト(広島県) [RU]2019/07/22(月) 02:24:14.79ID:TcbYCqdB0

詐欺師と泥棒しか居ない国にわざわざ行くかよ

68河津落とし(庭) [ニダ]2019/07/21(日) 16:37:28.39ID:HoLxnXi30

フランス行くならパリよりも地方のほうがおすすめ