Pocket

1猪木いっぱい ★2019/07/23(火) 04:25:18.39ID:087CKIhN9 古代のロボット

古代から、人間は人工的な存在を造ることを夢見てきました。
彼らが神を創造したのと同じように。
「思考する機械」のアイデアは、4500年前に古代エジプト人によって発明されました。
彼らは人々に助言していた彫像を作りました。 それにもかかわらず、「思考」と「話す」は没収されました。 話したのはこれらの彫像の中に隠れている祭司たちでした。

文学における人工生物の最初の言及は、紀元前8世紀のHomer's Iliadにありました。
有名な詩の中で、ヘファイストス神は、話すことと動くことができる黄金の下僕を作りました。 彼はまた自分で歩く三脚も作りました。

すべての文明には、無生物に命を吹き込もうとする発明者がいました。
インドのLokapannatの物語は仏の遺物を保護する自動兵士の軍隊について話しています。
ラビ・ユダ・ロウ・ベン・ベザレルは、ユダヤ人を反ユダヤ主義の攻撃から守った、ゴーレムと呼ばれる粘土でできた男に命を吹き込んだと言われています。

レオナルドダヴィンチは、座ること、腕を振ること、そして頭を動かすことができる機械的な騎士を設計しました。
今日の観点からそれらを呼ぶことができるように、これらのロボットはオートマトンと呼ばれました、なぜならロボットという言葉はまだ発明されていないからです。

産業革命の始まりとともに、Rene DescartesやWillhelm Leibnitzのような哲学者たちは、彼らが計算の形として思考を表すことができるかどうかを考え始めました。

この考えは後に科学者アレン・ニューウェルとハーバート・A・サイモンによって完全に物理的な記号体系仮説に発展しました。

この仮説は、すべての人工知能研究の根底にある哲学です。
それは人間の知性は単なる記号の操作であると述べています。 次の例を見てください。
すべての男性が人間であり、ニュートンが男性であると仮定すると、ニュートンは人間であると推測します。

この例では、シンボル操作として形式的論理を、オブジェクトとしてニュートン、人、および死亡率を使用しました。
機械がシンボル操作を実行する可能性があるので、「考える機械」を作成する可能性があります。

中略

google翻訳一部割愛
https://spectator.sme.sk/c/22168004/robots-were-born-in-ancient-egypt.html
https://m.smedata.sk/api-media/media/image/spectator/0/24/2494930/2494930_1200x.jpeg

27チェーン攻撃(やわらか銀行) [US]2019/07/24(水) 08:32:07.65ID:t+3+tDnh0

恐怖とかの精神的ショックでも死ぬことあるんだっけ、自己防衛で

23名無しさん@1周年2019/07/23(火) 06:51:04.19ID:i5RiFIKz0>>11

人間が作ったと考えても説明がつく!