Pocket

1ダイビングヘッドバット(東京都) [CN]2019/07/28(日) 17:44:08.05ID:enV2pny00●?PLT(14145)
夏の全国高校野球西東京大会は28日決勝が行われ、国学院久我山高校が創価高校を4対2で破り、
28年ぶり3回目の夏の甲子園出場を決めました。

西東京大会の決勝は神宮球場で行われ、第3シードの国学院久我山とノーシードながら勝ち上がってきた創価が
対戦しました。

試合は国学院久我が1回にヒットと盗塁でランナーを2塁に進め、4番・宮崎恭輔選手がタイムリーヒットを打って、
1点を先制、2回にも1点を加えてリードを2点としました。
これに対して、創価は4回に1点を返して、さらに、6回。
先頭バッターの4番・中山竜星選手が、レフトスタンドに運ぶホームランを打って同点としました。
このまま、同点で迎えた9回。
国学院久我山は2つのフォアボールや盗塁などでチャンスを作ると、2番の岡田和也選手がセンター前に
ヒットを打って1点を勝ち越し、さらに1点を追加して再びリードを2点に広げました。

国学院久我山はエースの高下耀介投手が9回を投げ抜き、相手打線を7安打2失点に抑えました。
国学院久我山は、4対2で創価を破って、28年ぶり3回目の夏の甲子園出場を決めました。
国学院久我山の尾崎直輝監督は「選手たちは、粘り強さと意地を見せてくれました。甲子園で勝って、
全員で校歌を歌いたいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190728/1000033349.html

8河津落とし(東京都) [CN]2019/07/28(日) 17:52:06.08ID:LtoFED6m0

仏罰

77ブラディサンデー(ジパング) [DE]2019/07/29(月) 00:05:15.08ID:T9d5oS330

カルト層化氏ね