ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1パロスペシャル(関東・甲信越) [US]2019/07/27(土) 21:31:07.97ID:Qan5Uoiz0?2BP(2072)
韓国に対する日本の輸出管理強化、米国の保守系メディアの反応とは?(海外の反応)
https://kaikore.blogspot.com/2019/07/japan-back-off-on-korea.html

日本よ、韓国から手を引け:サムスンとSKハイニックスはファーウェイではない
https://2.bp.blogspot.com/-W2SQhpOJu_k/XTvLhfkZxEI/AAAAAAAAM_I/3tFkGnzNzHQCTyf6bUo8dt7A8Q63e_krwCLcBGAs/s1600/japan-back-off-on-korea-01.jpg

おそらく米国のファーウェイに対する戦略をマネしてのことだろう、日本政府は韓国企業の半導体/ディスプレイ製造に
必要な不可欠な材料の調達を困難にさせる措置を開始した。

以下は日韓の歴史問題に対し片方の味方をするためのものではなく、例え怒りを招くとしても、日本が選んだ報復方法が
いかに危険で破壊的であるかを論ずるためのものである。

これは世界のサプライチェーンを大きく混乱させ、5G(次世代高速通信規格)ネットワークを支配せんとする
中国を後押ししかねない措置だ。

現在の日韓の確執は日本が1910年から1945年にかけて朝鮮半島を植民地化した際に朝鮮人民に対し
行ってきた強制労働や慰安婦などに由来する。

両国は1965年に国交正常化のための条約を締結、これらの問題に対し日本が相当額の賠償金を含む
補償をすることで合意に達したが凄惨な歴史は韓国社会にわだかまりを残し続けてきた。

そして昨年、韓国の裁判所が個人の請求権はこの1965年の条約に含まれていないとの判決を下したことで問題は再燃した。
日本の最近の行動は(日本側からの見方では)、韓国政府が真剣に和解の道を模索する気がないことに対する不満から生じている。

ちょうどこのタイミングで行われた衆議院選挙と政権基盤を盤石にしたいという安倍晋三首相の思惑もその要因の一つだ。

日本は正当化のために国家安全保障というもっともらしい理由をつけて半導体やディスプレイの製造に
不可欠な3つの化学製品の韓国に対する輸出に制限を設けた。

このうち2つは日本が市場の約90%を支配する化学製品であり残りの一つも日本が市場の70%を支配している。
そのため韓国企業が代わりとなる供給先を見つけようにも当分は困難な状況が続くと思われる。

つづく

312アルゼンチンバックブリーカー(日本) [AU]2019/07/27(土) 22:18:11.94ID:aCYqxyBE0

韓国のプロパガンダの典型的な記述だね
アメリカのシンクタンクもかなり浸透工作受けてるんだなあ

345超竜ボム(新日本) [ヌコ]2019/07/27(土) 22:30:46.35ID:qijlhXOJ0>>312

いやここ韓国経済研究所で
そこに書いているアメリカ人で、
韓国政府から金が投入されてる。