ファンもりだくさんなおすすめサービス
結婚までは至らなかったがハゲ丸君でも数度!出会えた神アプリ!入れるだけでも!いれれるよよ
Pocket

1ファイナルカット(東京都) [US]2019/07/29(月) 22:05:53.81ID:owMzWrKS0?PLT(12000)
【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の外相会談が今週、タイ・バンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会合に合わせて開催される公算が大きいことが29日、分かった。
複数の外交消息筋によると、両国はARFを機に外相会談を開くことで原則的に同意し、具体的な日程を調整しているという。
別の消息筋は「断定的に言うのは早いが、開催で意見が一致しているのは事実」と明らかにした。
会談が実現すれば、今月4日、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題などへの対抗措置として日本が経済報復措置を取ってから初めてとなる。
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と日本の河野太郎外相はARFに合わせた2国間会談に出席するため、31日に現地入りする予定で、会談は31日か8月1日に開催される可能性が高い。
日本が安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定を行うとされる8月2日の直前に開かれることになる。
会談で康氏は韓国に対する輸出規制措置を即時撤回し、ホワイト国からも除外しないよう求める見通しだ。
ただ、日本の方針が変わる可能性は低いというのが大方の見方だ。ホワイト国から除外する手続きが官邸や経済産業省主導で行われ、外務省の影響力には限界があるとみられる。
外交消息筋は「会談が実現すれば外交当局の高官級の意思疎通が回復することは良いが、ホワイト(国の)リストから除外する作業は現在としては外交的な意思疎通とは別に進められているとみられる」と述べた。
一方、ARFに合わせ、ポンペオ米国務長官を交えた韓米日3カ国の外相会談も行われる可能性が高いという。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190729002700882

36ジャンピングカラテキック(兵庫県) [BR]2019/07/28(日) 23:08:46.66ID:AG16mM3R0

BluRay買うけどひっくるめてDVDって言うよ

12エルボーバット(山梨県) [ニダ]2019/07/29(月) 22:11:34.46ID:CDLcS3u50

 外務省は29日、いわゆる徴用工問題をめぐり、1965(昭和40)年に締結された日韓請求権協定の交渉過程で、韓国政府が日本側に示した「対日請求要綱」を公表した。
要綱には元徴用工らへの補償請求が明記され、この要綱をすべて受け入れる形で計5億ドルの資金供与と請求権問題の「完全かつ最終的」な解決をうたった請求権協定が締結された。

 対日請求要綱は8項目で構成され、その中に「被徴用韓人の未収金、補償金及びその他の請求権の弁済を請求する」と記載されている。要綱と併せて公表された交渉議事録によると、
1961(昭和36)年5月の交渉で日本側代表が「個人に対して支払ってほしいということか」と尋ねると、韓国側は「国として請求して、国内での支払いは国内措置として必要な範囲でとる」と回答した。

 韓国側が政府への支払いを求めたことを受け、日本政府は韓国政府に無償で3億ドル、有償で2億ドルを供与し、請求権に関する問題が「完全かつ最終的
に解決されたこと」を確認する請求権協定を締結した。

 しかし、韓国最高裁は昨年、日本企業に元徴用工らへの損害賠償を命じた判決を確定させた。日本政府は「国際法違反」として韓国政府に早期の対応を求めている。

https://www.sankei.com/politics/news/190729/plt1907290032-n1.html