ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1日本の敵は自民党だ!!(東京都) [CA]2019/07/29(月) 12:17:30.37?PLT(13345)
「モリカケ」を凌いで令和を迎えた安倍政権の本質

公文書の書き換えが発覚
 年が明けて2018年、安倍政権の足元を揺るがす事実がまたもや明らかになる。

 3月2日、朝日新聞が「森友文書 書き換えの疑い」と報じる。森友学園への国有地売却に関する決裁文書が改ざんされていた疑いがあるという。3月7日には問題の国有地売却を担当していた近畿財務局の職員が自殺、衝撃が広がった。結局、財務省は改ざんの事実を認め、改ざん当時に財務省の理財局長だった佐川国税庁長官は辞任に追い込まれる。

 財務省の調査によると、決裁文書に昭恵夫人に関する記載が数多くあり、財務省の担当課長らが問題視して近畿財務局の担当者に削除・改ざんを命じたという。だが、安倍首相の
「私や妻が関係していたなら、総理大臣も国会議員も辞める」という発言との関係や、佐川氏がどう関与したのかについて、この調査はつまびらかにしていない。また、公文書改ざんという前代未聞の不祥事にもかかわらず、管理責任者である麻生副総理・財務相は引責辞任を拒み続けた。
 4月10日には加計学園問題でも新事実が明らかになった。

 同日付の朝日新聞が愛媛県の内部文書をスクープ。そこには、県庁の担当者が2015年4月に首相官邸で柳瀬唯夫・首相秘書官(当時。その後、経済産業審議官)と面会した際、加計学園の獣医学部開設問題について「この件は、首相案件」と言われたことが書かれていた。

 柳瀬氏は5月10日、衆参両院の予算委員会に参考人として招致され、加計学園との関係を追及された。愛媛県や今治市の職員との面会は認めたものの、陳情を受けただけで「首相案件」という発言もしていないと答弁。疑惑の解明は進まなかった。

全文はうぇbで
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019072500002.html

8カーフブランディング(空) [US]2019/07/29(月) 12:20:36.76ID:U5pzNLaz0

アベシッ

64フェイスロック(東京都) [AU]2019/07/29(月) 14:25:38.43ID:t1mcFtwi0

まだ朝日はこんな事やってんのかよ
世界情勢がこんな時にぐだぐだうるせえんだよ

いくら安部降ろそうとしても、お前エラの国はどうにもならないし
お前エラの国が優遇処置を受ける事も
これから起こる本当の規制を免れる事は無いよ