Pocket

1宇宙の晴れ上がり(東京都) [ニダ]2019/08/02(金) 12:07:44.49ID:8A5pc+7D0?PLT(12000)
貿易管理上の優遇措置を提供する安全保障友好国から韓国を除外する輸出貿易管理令の改正案を日本政府が2日、閣議で処理した。
この日、閣議を通過した改正案は、世耕弘成経済産業相が署名し、安倍晋三首相が連署した後、徳仁日王が公布する手続きを経て、その時点から21日後に施行される。
世耕弘成経済産業省は、閣議直後の記者会見で、「7日に改正案を公布して、28日から施行する」と述べた。
彼は、7月24日までに行われたパブリックコメントの結果と関連して、「4万件を超える意見が集まり、賛成意見が95%を超え、反対は1%程度であった」とし、「このような結果などを反映して閣議決定をすることになった」と語った。
今回の閣議決定は、これまで過去の歴史を中心に展開してきた韓日両国間の葛藤が日本の法令により、正式に安保領域に拡大されたということを意味する。
韓国もGSOMIAなど安保カードで対抗する可能性があり、韓米日の協力など、北東アジアの安全保障への影響が避けられない。
ホワイト国リストから外れた場合、韓国は二つの側面で既存の優遇措置を受けられなくなる。
まず、国際的輸出管理レジームによって「戦略物資」と規定されている物品の場合は、「一般包括」という優遇措置の対象から除外される。
「一般包括」は、リスト規制対象品目の90%程度に3年間有効な包括輸出許可を出す制度で、今後、韓国に輸出する日本企業は、「一般包括」がなく、
輸出管理をしっかりとしているかどうかの審査を事前に受けてこそ包括輸出許可を受けることができる「特別包括」の対象となる。
また、日本政府が4日から「戦略物資」に該当するフッ化水素など3品目について「包括許可」ではなく「個別許可」を受けるよう別途措置を講じたように、
特定の項目を最初から「包括許可」の対象から抜く方法で韓国に不利益を与える可能性がある。
第二に、国際的に合意された「戦略物資」ではないが、軍事的に転用される恐れがある項目(キャッチオール規制の対象)も影響を受けることになる。
「非ホワイト国」について、日本政府は、経済産業省の判断に基づいて、いつでも個々の輸出許可を義務付けすることができる。
それにより、「食品と木材を除く全品目で、日本政府が、個々の輸出許可を求めることができる」という懸念が出ている。

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55657264.html

85ベクルックス(静岡県) [US]2019/08/02(金) 13:09:34.19ID:nIS9bimS0

韓国は、日米欧の側から、北朝鮮中国の側に
韓国民の意志で行ってしまったから。
日本政府や日本国民にどうすることもできない。

約束を守らない、独裁国家ならず者国家の
ひとつとしてそれなりに付き合っていくしかないの。

日韓友好は、日中友好と同じで、友好も交流も
するけど、無制限にはしないってこと。

123ダークエネルギー(東京都) [US]2019/08/02(金) 14:48:34.06ID:9TxyuBMl0

言えやしないね・・・