Pocket

1バーナードループ(茸) [US]2019/08/08(木) 02:14:36.40ID:ZNYVrKVL0●?2BP(2931)
加糖飲料の飲み過ぎは癌のリスクを増やす
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/bmj/201908/561764.html

101オリオン大星雲(茸) [US]2019/08/08(木) 06:09:54.88ID:zbhfEEdR0

まあコーラだソーダだの炭酸系で誤魔化さないと飲めたもんじゃないのは事実だなあ

76オリオン大星雲(空) [BR]2019/08/08(木) 04:55:46.06ID:pIBphwHo0

ウ.人工甘味料を使用する理由
 人工甘味料を使用する理由は、「商品中のカロリーを抑える」が20件と最も多く、次いで「製造原価(製造コスト)を抑える」(10件)、「他の甘味料との併用による甘さ調整」(6件)の順であった(図5)。
 種類別に見ても、おおむね同様の傾向が見られた。

 健康志向の高まりにより、飲料や菓子を中心に低カロリーのものが好まれる傾向にあるといえる。
他方、製造原価を抑えることを目的とする企業も多いことから、低コスト化を実現する上での重要な原料となっていることがうかがえる。

オ.仕入価格の動向
(ア)直近の仕入価格
 1キログラム当たりの仕入価格(平成29年1月時点)は、「3000円未満」が26%と最も多く、次いで「1万円以上2万円未満」(23%)、「3000円以上5000円未満」「5000円以上1万円未満」(いずれも10%)の順であった(図10)。

 種類別に見ると、アスパルテーム、アセスルファムカリウムは「3000円未満」が最も多かった。
スクラロースは「1万円以上2万円未満」が最も多いものの、価格の幅が広く、中には「4万円以上」で仕入れている企業があった