ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

13K宇宙背景放射(大阪府) [HK]2019/08/12(月) 19:53:02.44ID:44WRGq1k0●?PLT(27000)
米航空宇宙局(NASA)の情報によると、ギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)よりも大きな潜在的に危険な小惑星が8月末、地球に接近する。

小惑星2019 OU1の直径は160メートルで、最も有名な「クフ王のピラミッド」より20メートル大きい。
NASAによると、8月28日、2019 OU1は金星より40倍近くまで地球に接近し、地球から約100万キロの距離を通過する。

先に欧州宇宙機関(EKA)は、地球に潜在的な危険をもたらす宇宙物体のリストを更新した。
最も日付が近いものは、地球と小惑星2006QV89との仮想的な衝突と考えられている。EKAによると、これは今年9月9日に起こる可能性がある。

潜在的な脅威リストのトップに記載されているのは小惑星2010RF12。2010RF12と地球の危険な接近は2095年に起こるとみられている。衝突する確率は16分の1だという。

https://jp.sputniknews.com/science/201908126575633/

参考動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm1464388

61ヒドラ(埼玉県) [CN]2019/08/12(月) 20:37:21.03ID:CRCsLdHD0

こんなの降ってきたら核弾頭の何百倍の威力なんや?

78ミランダ(大阪府) [ニダ]2019/08/12(月) 21:16:29.42ID:XuP4A3qz0

100万キロかぁ… 宇宙スケールでは近いんだろうけど、月の軌道半径38万キロの倍以上だし、
この間の 2019 OK の7万キロだっけ?あれがえらいニアミスだったからなぁ。