ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1ヨーロッパオオヤマネコ(東京都) [US]2019/09/30(月) 11:03:09.84ID:e/IHs73C0●?PLT(16000)
不思議なことに“肥大化した”トヨタ新型「RAV4」が爆発的に売れている理由

2019年春。5代目となる「RAV4」(トヨタ自動車)を見て驚いた方もいるのではないだろうか。
「しばらく見ないうちに、こんなになっちゃったのか」といった嘆きと、「ずいぶんと成長して帰ってきたね」との歓待の気持ちが交錯したに違いない。

というのも、長い間日本市場でも高い人気を博してきたRAV4だが、先代となる4代目は日本に投入されなかったのだ。
日本に欠かせないモデルとして定着していたのに、RAV4の生息地は北米になり、日本に背を向けたのである。
その空白の期間が日本のユーザーにどれほど影響するのか、不安でもあった。

先代が日本市場に投入されなかった理由は、ボディの肥大化にあったとアナウンスされている。
人気の北米ユーザーの趣味嗜好を優先したことで、ボディサイズは拡大された。それが日本のユーザーに受け入れられないのではないかという不安である。

一方でトヨタの日本市場でのラインナップには「ハリアー」があり、のちの「C-HR」がある。
ドル箱ともいえるコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)市場には、真打の穴を埋めるべく駒は揃っている、という計算も働いたに違いない。

ともあれ、RAV4は日本に戻ってきた。しかも、ボディは肥大化した。特に驚いたのは、キャラクターがまるで別人のように様変わりして誕生したことだ。
これがRAV4なのかと、一旦は我が目を疑ったほどである。

初代RAV4は、都会をさっそうと駆け抜けるのが似合う“アーバンSUV”としての境地を切り開いたパイオニアといえた。
ライバルが群雄割拠するなかでも、特異な個性的フォルムで存在感を発揮していたし、マーケティングが見事に当たり、新ジャンルを開拓したかのような狂乱でもあった。

車高は低くはない。だが、「パジェロ」(三菱自動車工業)や「ランドクルーザー」(トヨタ)のように、オフロードを突き進むべきクロスカントリーモデルではない。
洗練された印象の強いモデルだったのである。

<続く>

https://biz-journal.jp/2019/09/post_120105.html

123よむよむくん(兵庫県) [ニダ]2019/10/01(火) 18:50:04.66ID:uNnUbVyv0

四ヶ月やってて一人も死んでないのか
それは話にならないな

280スペインオオヤマネコ(福岡県) [ニダ]2019/09/30(月) 20:50:48.23ID:jucVH5G10

人気あるらしいねRAV4