ファンもりだくさんなおすすめサービス
結婚までは至らなかったがハゲ丸君でも数度!出会えた神アプリ!入れるだけでも!いれれるよよ

『コンテイジョン』…地味一直線のウィルス・パニックムービー物語の中盤の暴動シーンなどでも、サービス精神旺盛な脚本家と監督であれば、薬や食料を巡って殺し合いになったり、鎮圧部隊が暴徒めがけて発砲したり、そんな見せ場を設けるはずだが、本作ではあえてそれをやっていないのです。
例えば、本作の監督があの映像のお祭り男であるマイケル・ベイであったなら、冒頭の第1感染者であるグウィネス・パルトロウの解剖場面なども「さぁ、グウィネスの脳味噌だぞ、たんと堪能しやがれ!」と言わんばかりにそれをモロ出しにしたり、件の暴徒化した民衆にも鎮圧部隊の容赦ない銃撃を浴びせ血のりと肉片があたり一面に乱舞したり等々の見せ場を演出したはずです。
このあたりに東部(正確には東南部だが‥)で教育を受けたNY派であるソダーバーグ監督の真面目気質と、バリバリの西海岸派であるマイケルベイ監督のお祭り気質‥という温度差の違いを感じならないです。
基本ソダーバーグ監督の演出は抑制が効いていてクールなのです。“Containment”… In the midst of the riot scene in the middle of the story of a virus panic movie in a straight line, if you are a screenwriter and a director with a spirit of service, you can kill each other over drugs and food, and the crushing troops are aiming for a mob It ’s supposed to fire or show off, but this work does n’t do it.
For example, if the director of this work was Michael Bay, the festival man of the video, the anatomy scene of Gwyneth Paltrow, the first infected person at the beginning, `` Now, Gwiness's brain miso, it's easy to enjoy "It's sloppy!" To make it look like it's out, or even the mobified people are exposed to the relentless shooting of the crushing squadron, and blood and flesh fluttering around and producing a showcase etc. Should have been.
I do not feel the difference in temperature between the seriousness of director Soderberg, a NY school who was educated in the eastern part (exactly south-southeast), and the temperament of director Michael Bay, a West Coast school in Bali. is.
The director of Soderbergh's director is cool with suppression.

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事