ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1マシンガンチョップ(東京都) [ニダ]2019/11/08(金) 08:24:07.72ID:3hmyaF4M0●?2BP(3112)
トヨタは、GRヤリスのプロトタイプを12月発表する。ラリーシーンから派生した、4輪駆動モデルとなるようだ。

前世代のトヨタ・ヤリス(旧ヴィッツ)にも、トップグレードとしてGRMNバージョンが存在していたが、その後継モデルという位置づけになるだろう。
トヨタがSNS上で1枚の画像を公開している。

投稿の中でトヨタは、ニューサウス・ウェールズ州で開らかれる2019年の世界ラリー選手権最後を飾る、ラリー・オーストラリアで披露すると告知。
11月17日のウェディング・ベルズ・ステージがその場となるとのこと。

トヨタはこのクルマを「GR-4」と呼んでおり、4輪駆動を示していると思われる。2017年よりトヨタはヤリスERCで世界ラリー選手権に参戦しているが、ラリーマシンに沿った駆動方式となる。新しいヤリスGR-4が、ホモロゲーション・スペシャルとして次世代ヤリスWRCのベースとなる可能性も高いだろう。

画像からは、クルマの高性能化に合わせてかなり幅の広いリアフェンダーが与えられているのがわかる。ボディのカモフラージュ・パターンは、近年復活したスープラで用いられていたものに近い。
トヨタの高性能モデルとして、カモフラージュからも関係性を匂わせたいのだろう。

新しいヤリスの発表時に、トヨタのエグゼクティブ・プレジデントを務めるマット・ハリソンは、AUTOCARの取材に対し次のように述べている。
高性能バージョンは、トヨタの公道用市販モデルと、Gazoo(ガズー)レーシングでのモータースポーツ活動との関係性を強めるものになる、と。

近年、トヨタは高性能モデルの開発に対し、Gazooレーシングのブランドイメージを展開することに力を入れている。
GRエンブレムが与えられたライトチューンのものの上には、ハードコアなGRMNを設定。「本物のスポーツモデル」という位置付けを取っている。

またGRスポーツ・グレードを各モデルにも提供。メカニカルな部分での変更はないものの、スタイリング上のスポーティさを演出している。

ちなみにトヨタは、2018年に世界ラリー選手権でマニュファクチャラーズ・タイトル(自動車メーカーとしての優勝)を獲得。
ヤリスWRCをドライブしたオット・タナクはドライバーズ・タイトルを獲得した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00436033-autocar-ind

140シューティングスタープレス(愛知県) [EU]2019/11/10(日) 09:05:13.50ID:8acNYAKP0

座れそうなオーバーフェンダーは再現されるの?

16グロリア(新潟県) [US]2019/11/08(金) 08:54:05.62ID:y4uhvOSJ0

ヤリスぎ注意