ファンもりだくさんなおすすめサービス
2019年11月8日(金)に、キヤノン主催の文化支援プロジェクト「写真新世紀2019年度(第42回公募)」のグランプリ選出公開審査会が、東京都写真美術館(東京都・目黒区)で行われ、中村智道氏(受賞作品『蟻のような』)がグランプリを受賞しました
Pocket

1アンクルホールド(東京都) [US]2019/11/12(火) 20:26:21.45ID:lVbxxISo0?PLT(12000)
2019年11月8日(金)に、キヤノン主催の文化支援プロジェクト「写真新世紀2019年度(第42回公募)」のグランプリ選出公開審査会が、東京都写真美術館(東京都・目黒区)で行われ、中村智道氏(受賞作品『蟻のような』)がグランプリを受賞しました。

中村智道氏のグランプリ受賞作品『蟻のような』
https://prtimes.jp/i/13980/522/resize/d13980-522-117952-0.jpg

「写真新世紀2019年度(第42回公募)」は、4月17日(水)から6月12日(水)まで公募を行いました。国内外から多くの作品が集まり、1,959名(組)の応募がありました。
この中から、本年7月の優秀賞選出審査会で、優秀賞受賞者7名と佳作受賞者14名が選出されました。
11月8日(金)に行われたグランプリ選出公開審査会で、優秀賞受賞者7名は、それぞれプレゼンテーションおよび審査員との質疑応答に臨み、その後、審査員の合議により、中村智道氏のグランプリ受賞が決定しました。
中村智道氏には、奨励金として100万円ならびに副賞としてミラーレスカメラ「EOS R」/交換レンズ「RF24-70mm F2.8 L IS USM」が贈呈され、来年秋に予定されている「写真新世紀展2020」の開催期間中に、新作個展を開催する権利が授与されます。
なお、グランプリ選出公開審査会の詳細は、今後、「写真新世紀」ホームページにて紹介予定です。
グランプリを受賞した中村智道氏の作品を含む、優秀賞および佳作の受賞作品は、東京都写真美術館にて開催中の「写真新世紀展2019」で11月17日(日)まで展示しています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000522.000013980&g=prt

アップローダ
https://sokuup.net/

36ファイヤーボールスプラッシュ(東京都) [FR]2019/11/10(日) 13:58:30.72ID:vjknpH600

こいつの爺さんも安倍と同じで300万人の日本人を無駄に死なせた馬鹿な戦争をやらかしたクズ一味
こういう奴らを生かしておいたからこの国は腐って衰退滅亡の道をたどることになってしまった
返す返すも岸信介を始め戦争犯罪人どもの血筋を皆殺しにしておけばこんなことにはならなかったのに

18中年'sリフト(福島県) [DE]2019/11/12(火) 21:10:00.67ID:ym0vr0om0

んー スマホだったかな