Pocket

1パラス(北海道) [SE]2019/08/14(水) 06:35:37.11ID:MxUaeN+e0●?PLT(13500)
“相手がどう受け取るのか?“を想像して交渉しないと

 弁護士の仲岡しゅん氏は交渉のプロの意見として「外交関係は、裁判のように第三者がジャッジしてくれるものではない。
今回のように当事者間の調停の場合は、こちら側の見方、相手がどう受け取るかを考えながら交渉しなくてはいけない。こちらの正当性をただただ主張しても関係が悪化するだけであり、
ここから日本政府はどう落としどころをつけようとしているのかなとさえ思う。
しかも日本政府側から韓国を“ホワイト国“から除外した。本来解決すべきは元徴用工の問題のはず。そこから離れた問題でのアプローチだと受け取られてしまうと、
相手は攻撃されているように思ってしまう。これは交渉において悪手。たとえ日本側に正当性があったとしても、当然、向こうからは元徴用工問題の報復ではないかと捉えられてしまう。
常に“相手がどう受け取るのか?“を想像して交渉しないといけない。当然、“韓国がホワイト国から除外してくること“も予想できたと思う」と指摘した。

 さらに泥沼化する日韓関係について「現在、日韓関係はすごく悪くなっているけど、これって誰も得をしない。日本と韓国はビジネスの関係で繋がってる人も多い。
そういうことも考えないといけないし、日本の地方にも、韓国からの観光客がたくさん来ていたが、それがなくなってしまって、苦しんでいる箇所も多い。
日本政府は早急に日韓関係改善のための何らかの対策を取らないといけないのに、いかんせんビジョンが見えない。」とコメント。

 また韓国と断交すべきだという声について「断交と勇ましいことを言っても、それは非現実的。断交だって叫んでも、そうはならないし、
結局はいろんな人が困ってしまう。まるでチキンレースみたいになっているから、止めた方がいいと思う。
この状況をどう良い方向に持っていくかを考えなくてはいけないのに、非現実的なことを言っても仕方がないのではないか。
しかしこういうことを言うと、“反日弁護士“だとか、“左巻き弁護士“だとか、そういうコメントが並ぶ。経済に影響があるのだから冷静になるべきだ」と苦言を呈した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00010018-abema-int

57土星(神奈川県) [ニダ]2019/08/14(水) 07:03:55.96ID:Z5XXnwnG0

コイツ 津田と同じ

津田ってる

50子持ち銀河(大阪府) [RO]2019/08/14(水) 06:57:43.46ID:x+hsdghL0

LGBTとか本人達以外は誰も得しないんだからやめろ