ファンもりだくさんなおすすめサービス
なんだってー 驚き

c_img_param=['max','6','3','80','normal','FFFFFF','on','sp','9'];

c_img_param=['max','3','1','0','list','0009FF','off','pc','14'];

    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2023/11/27(月) 22:44:11.43 ID:Eq43qqUt0 BE:422186189-PLT(12015)


    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif

    「つるつる予報」始まる 28日朝の札幌“滑りやすい”歩道に
    11月27日 18時13分
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20231127/7000062823.html

    冬を迎えて、札幌市では27日から歩道の路面の滑りやすさを3段階で予測する「つるつる予報」が始まりました。

    「つるつる予報」は日本気象協会北海道支社などで作るウインターライフ推進協議会が毎年この時期に提供しているもので、冬道での転倒事故の防止が狙いです。
    札幌市消防局のまとめによりますと、札幌市内で雪道での転倒によるけがで救急搬送された人の数は、2018年度にいったん1000人を下回りましたが、2021年度から再び1000人を超え、昨年度は1139人でした。

    また、札幌市消防局によりますと、雪が降り積もった今月25日から27日午後5時までで札幌市内で転倒による救急搬送が46件あり11月としては非常に多いということです。

    27日から始まった「つるつる予報」では、ウインターライフ推進協議会のメンバーが午前と午後の2回、札幌市内の3か所の路面の状態を確認した上で、翌日にかけての気温などの予想とあわせて分析し、次の日の午前7時から10時にかけての時間帯の歩道の滑りやすさを予測します。

    滑りやすさは、
    ▼レベル1の「あまり滑らない」、
    ▼レベル2の「滑りやすい」、
    ▼レベル3の「非常に滑りやすい」
    の3段階で予測され、28日の「つるつる予報」はレベル2と発表されました。

    「つるつる予報」は冬のシーズン中、ホームページなどを通じて毎日、発表され、来年3月ごろに歩道の積雪の状況をみて終了時期を判断するということです。

    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2023/11/27(月) 22:45:11.29 ID:58L/ut9y0


    雪降ったらたいていつるつるよ

    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2023/11/27(月) 22:46:39.17 ID:udIrU5da0


    呼ばれた気がする


続きを読む
Source: http://www.negisoku.com/index.rdf

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事