感動の記事一覧
「小学生の甲子園」と呼ばれる軟式野球の全国大会に出場した選手を対象にひじの検査を行ったところ、6年生では医師の診察が早急に必要な症状の重い選手がおよそ17%に上り、関係者は「待ったなしで手を打たないといけない」と危機感を強めています
首相「自公はビューティフルハーモニー」公明「謙虚に安倍晋三首相は1日の政府与党連絡会議で、今月5日で連立政権発足から20年となる自民、公明両党の関係について「自公が協力し合ってここまで来ることができた
月曜にはメンタルトレーニングにも通った
ソ連兵に撃たれた「ダムダム弾」の痛みは今も――宝田明85歳、戦争体験とゴジラに込めた平和への願いハルビンの自宅で、両親といっしょにラジオの「玉音放送」を聞きました
中2生徒のヤケドうけ…火がついた棒振り回す演舞『トーチトワリング』市教委が今年度の禁止を通知?a=20190817-00023887-tokaiv-soci名古屋市守山区の中学校でトーチトワリングの練習中に生徒がやけどしたことを受け、市の教育委員会が小中学校と高校に対し、今年度の演舞の実施を禁止する通知をしていたことがわかりました
各大学は定員よりも多い合格者を出した場合、一定の割合に応じて私学助成金がカットされるようになったため、大学側は合格者を絞るようになった
中州にキャンプ客18人孤立決死の救助激流に阻まれ山北・玄倉川水難事故20年?a=20190814-00000005-kana-l14中州でキャンプをしていた行楽客が増水した川に流され、13人が死亡した山北・玄倉川水難事故から14日で20年になる
N国党首、マツコ“出待ち”も不発「来週、出るようだったら来る」参院選で初議席を得たNHKから国民を守る党の立花孝志党首(51)が12日、東京・千代田区のTOKYOMXテレビ前でタレント、マツコ・デラックス(46)を非難した