ファンもりだくさんなおすすめサービス
Pocket

1ジャンピングDDT(東京都) [JP]2019/11/08(金) 15:58:10.37ID:hTBwzKt10?BRZ(11000)
「小学生の甲子園」と呼ばれる軟式野球の全国大会に出場した選手を対象にひじの検査を行ったところ、
6年生では医師の診察が早急に必要な症状の重い選手がおよそ17%に上り、
関係者は「待ったなしで手を打たないといけない」と危機感を強めています。

ことし8月に神宮球場などで開かれた全日本学童軟式野球大会は、
全国のおよそ1万2000チームが参加した予選を勝ち抜いた51チームで争う「小学生の甲子園」と呼ばれる大会です。

主催した全日本軟式野球連盟は、期間中にほぼすべてとなる1年生から6年生までの854人の選手を対象に
超音波を使ってひじの内側と外側の骨に異常がないかを調べる検査を初めて実施しました。

その結果、13%の112人がひじの軟骨が剥がれるなど、医師の診察が早急に必要な症状の重い段階でした。
そして112人のうち、最上級生の6年生が75人とおよそ67%を占めました。

また、症状の重い選手が占める割合は人数が少ない1年生と2年生を除いて学年が上がるにつれて高くなり、
6年生でおよそ17%となったほか、6年生は今回438人が調査を受けておよそ60%に何らかのひじの異常が見つかりました。

全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事は「驚きの数字で、これでは野球はおそろしいスポーツだと社会から思われてしまう。
待ったなしで手を打たないといけないと痛感している」と話していました。

野球少年の“ひじ” 6年生の17%は重い症状 全国大会で調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012168441000.html

57頭突き(埼玉県) [US]2019/11/08(金) 16:58:08.16ID:OLCsUcoZ0

野球少年のしりなら任せろ

33フロントネックロック(東京都) [CN]2019/11/08(金) 16:19:01.32ID:bc5eGD5o0

小学生で体壊してどーすんねん